那由多の果て

伝埜 潤の遺産。小説になり損なったフラグメントと、日々の連れ連れ。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 判明。 | main | キロ。 >>

安定期。

仕事がなくなったり試験があったり新しい職場に馴染めなかったりで半年間まるで文章を書ける精神状態じゃなかったわけだが、最近ちょっと書けそうな気がしてきた。
とりあえず書きかけのアスカロン番外と、二ツ鳴りの続きだな。
日々燦々 / comments(0) / trackbacks(0) / 伝埜 潤 /
Comment









Trackback
url: http://thundersonia.jugem.jp/trackback/458