那由多の果て

伝埜 潤の遺産。小説になり損なったフラグメントと、日々の連れ連れ。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 安定期。 | main | ピアス。 >>

キロ。

同窓会からの帰路。皆いろいろ頑張っている。社会人になって三年目の私。社会人になる級友。結婚する級友。職を変わる級友。耐震工事と改装で、我らが学舎は取り壊されるらしい。まだ数年先だけれど。
プレカリアートを脱して、来年度から正規職員の私。多少は感慨深いのか。今ほど適当且つ自由な生活はできなかろう。この職じゃ社会の目も厳しくなろう。次の冬はどんな生き方をしているかな。
半年後に会うときには、何が変わっているだろう。良い方へ変わっていたい。光に向かって歩んでいたい。憧れに親しい自分へ。少しでも。
日々燦々 / comments(1) / trackbacks(0) / 伝埜 潤 /
Comment
昨日は楽しかったねー(*≧∀≦*)あんど、お疲れ様でしたヽ(・∀・)ノ

本当に、みんないろいろ変わってきて、いろんな人生歩んでるな~って感じだったね!

私も変わらなきゃな!!o(`^´*)

また会えるの、楽しみにしてるね♪(*^∪^*)
2013/01/20 11:54 AM, from あれくさんどろす









Trackback
url: http://thundersonia.jugem.jp/trackback/459