那由多の果て

伝埜 潤の遺産。小説になり損なったフラグメントと、日々の連れ連れ。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 国内には。 | main | 映画。 >>

パトリオット。

愛国者、じゃないのか。右派、ってのは。安倍政権てか、自民党ってのは右派じゃないのか。
沖縄の件にしても、つまりあれですよね。自国の領土たる沖縄の環境を破壊し、基地を作ってお膳立てした上で、アメリカに渡すってことですよね。日本の領土を!日本の国民の声を無視して!売国奴!それとも沖縄は日本じゃないってのか!それでも右派か!自国を守るってのは、アメリカと一緒になってイスラム国や、アメリカとの同盟をかさにきて中韓を挑発すること じゃないだろう!こンの売国奴。てめぇが愛国を語るな。同じ口で靖国を語るな。同じ足で参拝なんかできるのか、恥知らずが!
左派です伝埜。左派の愛国者です。ご先祖は大事です。自国は大事です。だからこそ、本当に国を守るために必要なことが、今政権がやってることとかけ離れてることくらい、わかります。

日々燦々 / comments(0) / trackbacks(0) / 伝埜 潤 /
Comment









Trackback
url: http://thundersonia.jugem.jp/trackback/528