那由多の果て

伝埜 潤の遺産。小説になり損なったフラグメントと、日々の連れ連れ。

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アイルランドの魂。 | main | 結局。 >>

圧巻の2時間。

厳密には途中から入ったから1時間半なんだけどさ。
最初から最後までずっと幸せでした。この日のために私仕事頑張ってきたよ…。明日からまた頑張れるよ…。やっぱりたまには本物を生で観ないとダメですね。心が洗われるってこれだ。
本気でリピートチケット買おうかと思ったけど、持ち合わせがなかったので断念。ローソンで下ろして来ようかと思ったけど、自制してしまった。
日々燦々 / comments(0) / trackbacks(0) / 伝埜 潤 /
Comment









Trackback
url: http://thundersonia.jugem.jp/trackback/557