那由多の果て

伝埜 潤の遺産。小説になり損なったフラグメントと、日々の連れ連れ。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 結局。 | main | 白肋の記憶9 >>

2度目。

リバーダンス観てきました。何だか日常の些細な悩みとかどうでも良くなるわ。今日だけだとは思うけど。明日からまた鬱々するんだろうけど。今だけは。
あー、また危うくリピーターチケット買うとこだったよ。ダメだってばお財布激痛なのに。観客も慣れてきたのか、前回よりもノリがよかった気がする。ステージ全景が見れたので、リバーダンスのラストなんか凄かった。前回はキャストの表情が見れたのでよかったんだけど、何だかんだでやっぱりどっちもS席だわ。
本当に次は何年後だろう。たぶん絶対観に行く。
日々燦々 / comments(0) / trackbacks(0) / 伝埜 潤 /
Comment









Trackback
url: http://thundersonia.jugem.jp/trackback/559