那由多の果て

伝埜 潤の遺産。小説になり損なったフラグメントと、日々の連れ連れ。

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 闘う者。 | main | 僕らの。 >>

耐え難い。

北海道に恨みはないけど。

耐え難い。あんな、北海道釧路出身のクズのために、滋賀県が謗られるのが耐え難い。あいつは滋賀県民じゃないから近江商人気質なんか持ち合わせちゃいないのに、滋賀県に失望されるのが耐え難い。本気でちょっと訴えないか、滋賀県および県民に対する名誉毀損罪で。あの無能を。

なに?説明会延期?投票率40%前後の選挙でも、うっかり貴方に投票したうちの地元のバカどもに、いかに貴方がクズであるかを説明する義務があるだろが。東京?貴方は東京で当選したのか?逃げるな!

うちは維新の岩永と民主の徳永が潰しあいをしたから、漁夫の利であいつが当選しただけで、本当ならあんなクズ通すはずなかった。

北海道に是非いち早くお引き取り願いたい。滋賀の恥。だがお前は滋賀県民じゃない!
日々燦々 / comments(0) / trackbacks(0) / 伝埜 潤 /
Comment









Trackback
url: http://thundersonia.jugem.jp/trackback/566