那由多の果て

伝埜 潤の遺産。小説になり損なったフラグメントと、日々の連れ連れ。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 僕らの。 | main | 美しい国だってさ。 >>

二十歳すごい。

報ステにて。
可決されても抗議を続けるんですかと問いかけた記者に、続けますと。実に気持ちいい即答。
二十歳すごい。

そして、賛成議員のみなさん、次世代ほか、魂を売り払った野党のみなさん。てめぇのその顔覚えたからな。
日々燦々 / comments(0) / trackbacks(0) / 伝埜 潤 /
Comment









Trackback
url: http://thundersonia.jugem.jp/trackback/568