那由多の果て

伝埜 潤の遺産。小説になり損なったフラグメントと、日々の連れ連れ。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< それで。 | main | 愛と勇気だけ。 >>

教科書が。

教えるんだろうね、この安倍さんの所業は。

ピノチェトと一緒に並んどけ。テロ政権。
後、誰だ。キムジョンナムか。結局じいさんの功績に追い付きたい無能な孫ズ。

その際にはSO COOL!な新潟弁護士会の抗議書面や、若人たちの頑張りをこそ紹介し、称えなければ。
日々燦々 / comments(0) / trackbacks(0) / 伝埜 潤 /
Comment









Trackback
url: http://thundersonia.jugem.jp/trackback/571