那由多の果て

伝埜 潤の遺産。小説になり損なったフラグメントと、日々の連れ連れ。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 通販。 | main | いつか。 >>

おかえり、

伊藤計劃。

ネタバレ。

『屍者の帝国』観てきました。
いやぁ、あれはあれでいいなぁ。全体的にワトソンがドクター・ストレンジラブだったり、途中で『ハーモニー』みたいなこと言い出す人がいたり、死なないかもしれない(実は死んでたかもしれない)しれない人が死んだり、出てない人が出ていたり、何よりもやっぱりワトソンがネクロフィリアすれすれだったりしたけど、些事である。うん。些事ですな。案外とビジュアルが初読時の想像とずれてなかったのも、個人的には有り難かった。あーでもコーリャには革命家になって欲しかったなぁ。でもまぁ、些事です。
やっぱり伊藤計劃御大だもの、映画館で観なきゃ、と足運んで正解でした。畜生、何でうちの県内では上映がないんだ。あったら確実リピートしてた。
英国マニアはたぶんリピート必至、というくらいの半端ない英国感。ディテール細かいなー。アヘンの揺れるアフガンとか、割りと丁寧。伊藤さんこだわりのスチームパンクぶりにも激萌え&激燃えです。伊藤さんぽく言うなら、観ねば死。スチームパンクアニメの真骨頂ですよ。機械系も充実してた。あのチャールズ・バベッジの駆動系だけでご飯何杯イケることか。フランケンウォークの描写も、画面だとああなるのね。ボンベイとかカイバル峠とか。
どうしても2時間なので、改変はせざるを得ないし、文字と映像は根本的に異なる伝達手段だから、きっとこれでいいのだ。これ御本人が映画評書いたらどうなるかなぁ。読みたかったなぁ。

小説は円城塔が記述する伊藤計劃の物語だったけど、映画は円城塔が追い求める伊藤計劃の物語だった。つまるところ、小説のワトソンは伊藤さんで、映画のワトソンは円城さんだった。とか言ってみる。

映画化プロジェクトの最初が『屍者の帝国 』で正解だったと思う。伊藤計劃随一の冒険活劇、エンタテイメント小説。ブラックユーモアたっぷりのヘヴィなライトノベル。一番取っつきやすいんではなかろうか。

でも何よりこの一言が、プロジェクトの幕開けに相応しい。

『おかえり、フライデー』

おかえりなさい、伊藤計劃。
日々燦々 / comments(1) / trackbacks(0) / 伝埜 潤 /
Comment
私も観ました!公開後一週間くらいで割と人が入っていました。
本当に細かかったですね。スチームパンク、楽しませてもらいました。

円城さん曰く「たちの悪い冗談(だったような?)」(死にかけの人間が死者の動く話を書き、死後に別の人間がその続きを書くことを称して)ですが、そういう意味で始まりからしてブラックユーモアで出来ていて、それがこの物語の存在自体のおもしろさだったりするのかな、と考えたりしました。
実は記事でおっしゃっている「小説のワトソンは〜」と同じようなことを私も思っていました。
これはプロジェクトの所信表明、になるのでしょうか。
プロジェクトの進行、これからも楽しみですね。
2015/10/31 5:11 PM, from 黒巳真砂









Trackback
url: http://thundersonia.jugem.jp/trackback/575