那由多の果て

伝埜 潤の遺産。小説になり損なったフラグメントと、日々の連れ連れ。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

絶句とは。

そういえば、沈黙サイレンス、映画観ました。

絶句するとはこういうことか。もう一回みたら、ちょっと何か書く。
日々燦々 / comments(0) / trackbacks(0) / 伝埜 潤 /

明日には。

それだ!

間が開きました。その間、物知らずを解消すべく頑張ってました。

真砂ちゃんありがとう!それだ!月吠えにも彼登場するのに、何で結びつかなかったんだろう。
という訳で、中野シゲ先生について勉強しました。幸い、身近に図書館があるもので。中野重治詩集、評論集、教科書の詩をよみかえす、詩を学ぼうとする人へ、あたりを借りてきて黙々。久々に学問的な行為を貪っております。

月吠えのシゲは黒いマスクをしていて声がない設定で、理由が転向。何か既にヘヴィ。叙情的な詩を脱却する決意を書いたのが、件の「おまえは歌うな」、タイトルは歌。
どうも便覧じゃなくて、教科書に載っていたらしい。プロレタリア文学は政治思想文学という何だか矛盾含みの分野で、戦中はそれこそ目の敵にされて危険視されてたはず。そんなジャンルの詩が教科書に載っていたというのは、いい時代だな平成。できれば今後もそうあってほしい。

叙情詩人としての中野重治はそれこそ繊細な物憂げなうそうそとしたものを慈しむような作風で、個人的にはそっちも大好きなんだけれど、同じ口であんなに強い言葉を扱うのね。転向後もプロレタリア詩しか書けないといい、それこそプロレタリア最後の戦士みたいな感じになり、戦後の議員時代は論戦にめっぽう強かったみたいなので、月吠えの、眉のきりっと吊り上がった目力のあるキャラクターも頷ける。鉄骨のような気概が背骨を貫いているイメージ。しかししんどい生き方をする人だな。評論集を読んでいるとほんとにそんな感じ。

この人の偉いところとしんどいところは長生きしたところかな、と思った。小林タキジをえらかった、と月吠えの中で評する場面があるけど、この人も大概だと思う。だって死んだらそれまで。続きが書けない。実は党生活者の後編はちょっと読みたいなと思っております。あれどう見ても前編で終わってる。そういう意味では小林タキジは何を折っても死ぬべきじゃなかった。まぁ最初から殺すつもりをされてたんだから、彼の責では断じてないんだけど。あのときの日本はそのジャンル故に、一人の稀有な文学の天才をあっさり葬った。それを思うと、件の「おまえは歌うな」が、教科書に載っていたことがあるというのは素晴らしいことなんじゃないのかしら。

明日は虐殺器官の公開だよ!伊藤御大のまさかのデビュー作にしてSF界をひっくり返した作品の映像化だよ!本人に本当に見てほしい。そしてキネマトリクスに書いてほしい。酷評でもいいから。それで新しい作品を書いて、また映像化してほしい。本当は虐殺器官は実写にしてほしかった。今回の映画が上手くいったらチャンスあるかな。

何の話してたんだっけ。とりあえず、好きな字書きさんには長生きしてほしいなって話かな。
日々燦々 / comments(0) / trackbacks(0) / 伝埜 潤 /

積雪量は約35センチ。

通勤時間計四時間半。行き二時間帰り二時間半。なぜ帰りの方がかかっているのか…。こういう日は、コンビニやら役所やら企業やらすべての仕事が休みになればいいのにと思う。誰も外出しなけりゃ警察も出動するまい。膝までの雪が中途半端に解けたものだから、明日朝は事故が多そう。とりあえず寝たい。
日々燦々 / comments(0) / trackbacks(0) / 伝埜 潤 /

cryfor。

某朔さんと詩歌の戦争責任にガチンコで挑戦している漫画を読んでいます。凄すぎる。正直ちょっと生半可な気持ちで読みはじめたら、いろいろ抉られました。

確かに間違いなく萩原朔さんだし、間違いなく北原白さんだけれど、今までこういうアプローチってあっただろうか。特に白さん。あれが、白さんだ。我々が小さい頃から、そうと知らずに歌ってきた日本語の根っこにいる人。

作中に散らばる詩の何ときらきらしていることか。日本語って美しいな、と久々に実感中。白さんの、朔さんの、犀さんの、みよしくんの、もっさんの、こうたろさんの、石川くんの、ちゅーやくんの。そこに重なる、あの時代の詩が「担わされた」役割。白さんの、国民詩人の重み。

何回めかのリフレインだけれど、私は某宮城の石川くんのココアの詩が、詩というジャンルのなかではたぶん一番好きだ。刺さってる、というか。あと、「おまえは歌うな」で始まる詩も同じくらい刺さってるのだけれど、これの作者は誰だろう。国語便覧で見たのかしら?

日々燦々 / comments(1) / trackbacks(0) / 伝埜 潤 /

フォースと言えば。

スターウォーズより先にトライフォース(ゼルダ)が出てくるあたりが日本人。

ローグワン見ました。あれ確か、シリーズの2作目だったかで言及された「データを帝国から奪取するために多くの犠牲が払われた(大意)」という、たった一言が元のスピンオフなんですね。熱かったです。そして音楽がジアッチーノだよ。熱いね。

レイトショーという悪い遊びを覚えたので、映画観に行く機会が増えました。不健康万歳。精神的には満足だからいいんだ。
日々燦々 / comments(0) / trackbacks(0) / 伝埜 潤 /

小樽。

行きたいなぁ。以前仕事で行ったとき、もう少し満喫しておくんだった。

日々燦々 / comments(0) / trackbacks(0) / 伝埜 潤 /

死んでいたさ。

死んでいたさな伝埜です。誰の亡霊もさ迷ってないけど、久しぶりに打ってみる。

懐かしの診断メーカー、最近はこんなんあるのね。

伝埜潤が神様化したら…
種族:死神
身長:594cm
目の色:桃色
性格:ぐうたら
一人称:我
特殊能力:時間を止める能力
信仰者:0000000人

あながち間違ってないような。身長以外。
日々燦々 / comments(0) / trackbacks(0) / 伝埜 潤 /

ゴジラ。

シン・ゴジラ最高でした。リピートしなきゃ。
日々燦々 / comments(0) / trackbacks(0) / 伝埜 潤 /

ボーナス

よし!ICレコーダー買いに行こう!
日々燦々 / comments(0) / trackbacks(0) / 伝埜 潤 /

梅見。

保険に入ってたら補助が使えたので、水戸偕楽園まで梅見に行って来ました。

何故か凄まじいアウェイ感というか、敵陣にいるような感じがしたのは、私が滋賀県民だからか。そうなのか。

偕楽園・彰考館・徳川ミュージアムを回って、一番テンションが上がったのが、徳川ミュージアムの、脇差国光。藤井紋太夫お手討ちの!光圀公が生涯唯一自らお手討ちなさった例の!関東大震災罹災で黒焦げだったけど!幼い頃から時代劇マニアの父の教えを受けた水戸黄門マニアにはたまらない博物館ですな!朱舜水さんの関連書式をまとめたのが覚さんなとこにもわくわくします。そして本物の印籠ですよ!本物の方が、テレビよりやや小ぶり。職員さん曰く、武士の印籠はおしゃれ小物の一種なので、実用に足るサイズは必要ないそうな。ちなみに、東映太秦寄贈の水戸黄門の杖&台本にはにやにやしました。

でもなぁ、何か複雑なんだよなぁ…水戸の御老公はいいんだよ…でもイエアスさんと斉昭公を見るとちょっと複雑なんだよなぁ…。滋賀県民としてはさ…。斉昭公はともかくとりあえずイエアスさんはなぁ…。

周りが燭台切光忠見に来た刀剣女子ばっかりの中、国光と朱舜水でテンション上げてるあたり、私はきっとあっちじゃなくて時代劇マニア枠なんだろうな…。もちろん見てきましたけど。嫌いじゃないものお刀さま。でもなー…元持ち主の独眼竜政宗がうちの蒲生氏郷公と事を構えてると思うと、燭台切を見ても若干複雑なんだよなー。

結局、滋賀県への愛を再確認する旅でした。何というナショナリズム。

梅綺麗だったなー。でも人が多くて疲れたから、次はもうちょい落ち着いた時期に行こう。

日々燦々 / comments(0) / trackbacks(0) / 伝埜 潤 /